一般的なオプション販売会で案内されているのは水性ウレタンコーティングです

先に触れたコーティングの種類で説明をさせて頂きましたが一般的な半樹脂ワックスに
ウレタンを数%含有させたチョット高級なワックスそれが水性ウレタンコーティングです。
概ねこの水性ウレタンコーティング(代名詞的なもの)は施工(販売)する会社で勝手な
ネーミングを付けられている為お客様は分かり難いですが「水性」と付けばコレです。
高級な商品を販売しているハズ?のオプション会でどうしてこんなコーティングを販売しているのでしょうか。
概ね下記の理由ではないでしょうか。

  • 材料費が安い(コーティング剤)
  • 施工が簡単で早い(少ない工期に沢山施工できる)
  • 失敗しても簡単に直せる(リスクが低い)
  • 油性のような下地の洗浄が不要(元々密着が低い為)
  • 施工時の臭気がほとんどない(職人が楽)
  • 補修材の上から塗っても補修が取れない

名前はコーティングぽいですが業界では高級ワックスと呼んでいます。
早い話がチョット高級なワックスを油性のコーティングのような説明と価格で販売している為
中間マージンの多いオプション会でも、それなりの価格で販売できる訳です。

どうしてオプション会では油性のコーティングを売らないの?

油性のコーティングの方が良いのは販売業者もオプション業者も当然知っています。
でもどうして油性のUVやシリコンコーティングを販売しないのでしょうか。
主な理由は下記の通りです。

  • とにかく一斉工事で納期内に沢山施工ができない(水性の約10倍は手間がかかる)
  • 施工中の臭いで売主さんに怒られる
  • 失敗が許されない(油性はクレーム対応に弱い)
  • 値段設定が現実的な価格にならない(中間マージンを乗せると)
  • 儲からない
  • 水性のように誰でも施工ができる訳ではない(職人が足りない)
  • とにかく施工に手間が掛かる為、職人が嫌がる

などが挙げられます。
ようするに「儲からない」「高くて売れない」「面倒」「納期が間に合わない」が主です。
本当に入居されるお客様の事を考えれば水性のコーティングは売らないでしょうね。
マンション事業主の中にはフロアコーティングを売らないオプション会さえあります。
そんな人たち(オプション会関係者)は自分の自宅には油性のコーティングを施工しています。
自分でも分かっているんですけどね。