フロアコーティングを施工するメリットとは?

こちらでは主にマンションで普及しているワックスレスのフローリングを前提にご説明致します。
既に何社かのマンション事業主さんでは当該マンションではワックスレスのフローリングを
使用している為フロアコーティングは不要であるとかオプション設定の無い事も見受けられます。
これは以前のワックス掛けの必要であったフローリングと比べメリットが一つ減っただけであり 不要な事ではありません。
現実として筆者のマンションではワックスレスのフローリングにフロアコーティングを施工しており
満足しています。
フロアコーティングを施工する事により明確なのは日々のお手入れが簡単になる事です。
非施工のフローリングに比べ汚れの付着も少なく汚れが落としやすくなります。
また施工面の表面張力により撥水効果もありますので汚れの付着が少ない理由ですね。
通常フロアコーティングは未入居の新築が多い為、綺麗なフローリングへ施工する為
綺麗な状態の上へクリア塗膜を形成します。
ですのでコーティング表面へは傷がつきますが厚い塗膜に守られている為
フローリングまでの到達する傷は多く防げます。(傷のダメージにもよります)

普及しているワックスレスのフローリングは万能ではない?

一般的なワックスレスのフローリングは表面に硬質の木目シートを貼ったもので
表面も柔かくワックスを塗布しなくてもヒビ割れし難い特性です。
しかし、その表面は非常に薄いシートですので傷にも弱く酷い時には下地のべニアまで
到達すると地の色が出てきてしまいます。
また日常の生活において発生する食べ物の落下や素足歩行による皮脂の跡など
染み込んでしまいますと落とし難いケースも多々あります。
こういった些細な事ですがフロアコーティングを施す事で防げるケースもございます。